自動車保険 選び方

自動車保険とは?

運転する男性

自動車保険は、自動車を運転する人すべてに加入する義務がある自賠責保険と加入するかどうか選べる任意保険があります。

 

強制保険とも呼ばれている自賠責保険は、バイクも含む自動車を運転するなら必ず入らないといけません。
自動車損害賠償保障法で決まっているからです。

 

自動車保険には任意保険があるのはどうしてかというと、自賠責保険は最低限の保障しかないので十分とは言えないのです。

 

そのため多くの人が自動車保険に加入する時には、自賠責保険と一緒に任意保険にも加入するのです。強制ではなくとも一般的にほとんどの人があたり前に加入している保険になっています。

 

走る凶器とも呼ばれている自動車に乗るにあたり、もしもの時を考えて加入するのが自動車保険だと思います。自分は絶対に大丈夫とは言えないと思いますし、万が一の時には助けになるので安心を買うと言っても良いでしょう。

 

自賠責保険は対人賠償に限られていて、他人のための保障ということになります。
本人や物に対する保障はないのです。そのため自動車保険は任意保険も必要だというのが一般的です。


自動車保険の選び方

女性

自動車保険は、どれも同じではないかと考えている人も多いと思います。

 

各社さまざまな自動車保険を販売していますが、よく比較して検討する必要があります。

 

自動車保険の選び方で一番大切なポイントは、補償内容だと思います。

 

自分にとって必要な補償を考えて選ぶと良いでしょう。
保険料、事故対応、ロードサービスなどで比較したり、ダイレクト系か代理店かで選ぶ場合もあるでしょう。

 

サポート体制が充実しているかどうかも重要なポイントだと思います。
その際にチェックしたいのは拠点数です。また担当制なのかチーム制なのかも選ぶポイントだと思います。

 

自動車保険の選び方で迷った時に便利なのが、一括見積りになります。

 

簡単な入力作業を済ませると数分で数多くの自動車保険の見積もりを取ることができます。
利用は無料ですし、1社ずつ見積りを依頼しなくても一度の手間で取れるので時間がない人でも安心です。

 

保険料を少しでも安くしたいと考えている人は利用してみると良いでしょう。

 

料金と合わせて、補償やサービスを比べることも大切です。自分にとって必要な保険を選びましょう。


自動車保険の比較ポイントを解説

ポイント女性

自動車保険の料金を少しでも安くしたいと考えている人は見直しも必要です。

 

更新時は特に考えている人も多いと思いますが、なんとなくそのまま更新してしまっている人もいるでしょう。

 

保険会社の補償が同じように見えてしまうかもしれませんが、料金にはかなり違いがあります。
同じような内容でも数万円も違うことも珍しくありません。

 

面倒かもしれませんが少しでも節約するために、一度見直してみることをオススメします。

 

同じような補償内容であっても、ダイレクト系と代理店型では保険料の違いが大きいです。
昔よりも自動車保険が安くなっているのはダイレクト系が一般的になってきたからだと思います。

 

自動車保険の比較ポイントは料金の安さ、補償内容が自分の年齢、ライフスタイル、家族構成、環境などにマッチしているかどうかです。

 

変化に応じて自動車保険も見直しが必要だと思います。

 

一括見積りというサービスもあり、これは無料で多くの保険会社の見積りを一度に依頼することができるものです。
大変便利で比較しやすいですし、一番安い保険料の会社を探すことができます。


軽自動車の自動車保険の相場

軽自動車

軽自動車保険の相場がどのくらいかご存知ですか?

 

軽自動車だから自動車保険料は安く済むはず・・・。と思っていませんか?

 

確かに大型車などに比べると、軽自動車の保険料は比較的安い物になっていて、相場としては21歳以上の方で2万円〜5万円くらいとなっているようですが、両保険などをつけるプランなどになると、10万円を超えてしまうといった事もある様です。

 

しかし逆に、年齢条件や等級などの条件などで1万円〜2万円という事もあるみたいですよ。
様々な条件や、加入する自動車保険会社などによって自動車保険の料金は結構違う物なんですね。

 

自動車保険は商品を購入する事などとは異なり、車に乗り続けている限りずっと支払続けていかなければなりません。一年間にしては1〜2万円の違いであっても、10年単位で考えてみると大きな違いが出てきます。

 

最近はインターネットを使い簡単に条件に合った見積もりを出してくれる会社も沢山増えています。
これを使わない手はないですね。

 

そこで「ズバット自動車保険比較」というサイトがあるのはご存じですか?
最大21社の保険料を一括で見積もってくれるサービスをしているとの事で、とても便利だと思いませんか?

 

軽自動車保険の相場が気になったら一度このサイトのサービスを利用してみると良いかもしれませんよ。


18歳の自動車保険の相場

車

18歳の自動車保険の相場はどのくらいかを調べてみました。

 

車を使用する頻度により自動車保険の料金は変わってくるのですが、例えば26歳以上ので自動車保険の料金が5万円だとした時、同じ条件で20歳までの方の同じ車種の保険料は、倍額の9〜10万円くらいになると言えます。

 

この高額になってしまった自動車保険料を少しでも安く抑える方法としては、親のノンフリート等級を引き継ぐという方法があります。

 

同居している親がおり、すでに自動車保険に加入している車が一台ある場合に限りますが、その自動車保険の契約者が親の名義になっていればそのノンフリート等級を引き継ぐ事が出来るのです。

 

もちろん等級が高いほど保険料は安くなります。

 

自分の自動車保険の等級を引き継いだ親の自動車保険は、また新しく契約しなくてはならず、等級は下がってしまうのですが、年齢条件特約などを付帯する事により、18〜20歳の方が新規で契約するよりも保険料は安くなります。

 

同世帯の中で少しでも節約を考えた場合の方法としては、非常に便利なシステムですね。
保険会社や共済などによっても保険料は異なりますので、複数の会社で見積もってもらう事もお勧めします。

 

 

車の売却を検討中の方はコチラのサイトもおすすめ!

 

車買取査定



更新履歴


このページの先頭へ戻る